歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーバ神殿
Category: オリエント   Tags: オリエント  歴史  

「黒い石」が安置されたイスラム教最高の神殿


メッカといえば、サウジアラビア西部にあり、イスラム教徒にとって、最大かつ最高の聖地である。
そのメッカにある大モスクの中央部に位置するカーバ神殿は、イスラム教の心臓部といっても過言ではない、最も神聖な神殿なのだ。
カーバ神殿
敬虔なイスラム教徒たちに取り巻かれた カーバ神殿(中央の黒い立方体)


灰色の石で造られたこの建物は、幅10メートル、高さ15メートル、奥行き15メートルの直方体で、全体が聖なる言葉を刺繍した、キスワと呼ばれる黒い布で覆われている。
ちなみに、カーバとは、アラビア語で立方体のことである。

カーバの内部には3本の柱と天井からつり下げられた金銀のランプがあるが、中でも重要なのが、その東の角、高さ1.5メートルの場所にはめ込まれた神聖な黒い石だ。
なぜなら、イスラム教徒に義務づけられたメッカへの巡礼(ハジ)の最終目的が、この神殿の周囲を7回回って、この石に口づけすることだからだ。ハジはイスラム教徒にとって、一生をかけた一大事業なのだ。

カーバの歴史は古く、イスラム教徒の伝承によれば、神が人類の祖アダムとイブに命じて造らせた聖殿である。そして、その周囲を回ることは、神の玉座とそれを巡る天使たちの様子を、地上で再現することだという。
なお、最初のカーバの建物はノアの洪水で失われたが、神にそのありかを教えられた預言者アブラハムが、再建した。黒い石はその際、天使が運んできたという。



画像は、中東個人旅行 からお借りしました。



テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。