歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョガ・ザンビール
Category: オリエント   Tags: オリエント  ミステリー  巨大建造物  

3つのエリアに分かれた宗教都市


古代エラム人が築いたイランの古代都市がチョガ・ザンビールには、メソポタミア地方以外では数少ないジッグラトが存在する。
同地のジッグラトは紀元前13世紀の中ごろ、エラム王国のウンタッシュガル王が、宗教的中心として建造したものだ。建造当時は105メートル四方の四角錐・5層構造、高さ50メートルを誇る巨大ななものだったが、現在は3層目までが遺されている。
チョガ・ザンビール
日干しレンガで造られたジッグラト


同都市には一般の人々はほとんど居住しておらず、住民の多くは祭司、もしくは宗教にかかわる人々だったとされる。

さらに当地は3層のエリアで分割され、主神に捧げられたジッグラトは最も内側の層の中に、物資の貯蔵庫を兼ねた寺院とともに建設された。その外側の層には、主神に次ぐ地位に座る他の神々のために11の寺院が建設された。
本来は22の寺院が入る予定だったが、何らかの理由で建設は途中で中止されたという。最も内側の層には、王の宮殿や葬祭を行うための場所、5つの王墓などがあった。

チョガ・ザンビールは紀元前640年、アッシリア王アッシュールバニパル(在位:紀元前668~前627年ころ)によって破壊された。なお、エラム人は人種的にイラン人と異なるが、その帰属は現在も不明である。




画像は、Wikipedia - チョガ・ザンビールからお借りしました。


テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。