歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィルザバード
Category: オリエント   Tags: オリエント  ミステリー  謎  歴史  

神に捧げた巨大な記号?


3世紀後半にパルティア王国を倒し、ササン朝ペルシア(226~651年)を興したアルダシール1世(在位:226~240年)が築いた円形都市。イラン南部のペルシア湾近くにある。

ササン朝ペルシア最古の要塞都市遺構で、まるでコンパスで描いたかのように正確な、直径約2キロの円の周囲を、かつては二重の城壁と深い堀が囲んでいた。

中央にはササン朝の国教、ゾロアスター教(拝火教とも)の神を祀る神殿が立つ。

都市をこのような円形にしたのは「イランの諸王の王」と称されたアルダシール1世が、自分自身を「神に選ばれた摂政」と位置づけるための宗教的な象徴としたためと考えられている。

だが、上空から見なければわからない巨大な円形。本当の用途は、いったい何だったのだろう?もし何らかの記号のようなものだとしたら、だれに向けているのか?


フィルザバード
この形は、天に向けてのメッセージなのか?





画像は、イラン世界の遺跡 からお借りしました。


テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。