歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロードス島の巨像
Category: 世界の七不思議   Tags: 世界史  七不思議  ミステリー  謎  巨大建造物  

- 海を睨んでそびえ立つ勇壮な太陽神 -


エーゲ海南東部に浮かぶロードス島。紀元前4世紀頃、この島は地中海貿易の中継地として、繁栄をきわめていた。
ところが紀元前305年、4万から成るマケドニアの大軍が突如、侵攻してきた。苦境に陥ったロードス。そこに援軍を派遣してくれたのは、エジプトのプトレマイオス1世だった。こうしてマケドニア軍の撃退に成功したロードスの人々は、プトレマイオス1世への感謝と、自分たちの勝利を記念して、マンドラキ港に島の守護神である太陽神ヘリオスの巨像を造る事にしたのである。
制作者は彫刻家のカレス。主な材料は青銅。巨像は、マケドニア軍が放棄した青銅製の武器を利用して造られた。
紀元前302年に制作を始め、12年の歳月を費やして完成したという。白い大理石で造られた高さ15メートルの台座。
その上に外港を威圧するかのように建てられた像そのものの高さは33メートル。両方を加えると、実に48メートルに達する。

ロードス島の巨像想像図
ロードス島の巨像 想像図

現在アメリカ、ニューヨーク港に建つ自由の女神の高さが46.3メートルだから、古代の人々ならずしても、途方もない大きさの像だった。 だが、資料が少ないため、その実態は謎に包まれたままである。
像の形態にしても、両足を開いて港の入り口をまたぐようにして、防波堤の突端に立っていたとする説がある一方で、足を揃えていたとするなど諸説ある。 ただし、現在のマンドラキ港の入り口の幅は約60メートル。
当時も同程度の幅だったとすれば、港をまたいでいた場合、巨像は前述の高さより巨大でなければならない。
そのため、最近では足を揃えていたとする説が有力だ。

巨像の内部には螺旋状の階段が設けられ、両目の内側にある燭台が夜を徹して赤々と燃えていた。右手には煮えたぎる油を満たして器を持っていて、港に侵入する敵船に上から注ぎ落とす工夫がなされていたともいう。

製作法も謎に包まれたままだ。鋳造説が有力だが、鉄の補強材で組み立てて石材で安定させ、その表面に青銅板を貼り付けたなどの説もある。残念ながらこの巨像は、紀元前224年、地震によって倒壊した。
その後、900年近くも倒れたまま放置されていたが、672年にアラブ軍が同島を占領。残骸をスクラップにして売り飛ばしてしまい、跡形もなく地上から姿を消したのである。

1987年7月初め、ロードス島の沖合700メートル、深さ52メートルの海底で、石灰岩の彫刻物が発見された。
それは縦160センチ、横180センチ、厚さ85センチ、重さ1トンという巨大なもので、左手で拳を握ったような形をしている。
この彫刻物が、幻の巨像の拳であるかどうかの結論は出ていない。


マンドラキ港
マンドラキ港



このカテゴリーをさらに見る。
世界の七不思議


------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。