歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オシレイオン
Category: エジプト・アフリカ   Tags: ミステリー  謎  超古代文明  巨大建造物  伝説  エジプト  

冥界を支配するオシリスの墓所


前回の記事で書いた、"セティ1世神殿"を真っ直ぐ進むと、その裏手にあるのが謎の地下建造物オシレイオンである。
深さ15メートルほどの巨大な窪みに、花崗岩ブロックで囲まれた幅20メートル、長さ30メートルほどの部屋があり、床は水で覆われている。石柱の重さは100トンを超え、石柱の上に梁の一部が残っている。
オシレイオン
オシレイオン


一般的には、セティ1世の空墓(象徴的な墓)として造られたといわれているが、古くは神話の冥界神オシリスの遺骸が実際に眠る墓だとも見なされてきた。というのも、建造年代が定まっておらず、セティ1世の時代に造られたというものもいれば、周囲の大雨による侵食痕から1万年前だという意見もある。

いずれにしても、ここは古来、神聖視され、さまざまな儀式が行われた聖地であった。現代でもスピリチュアリストがたびたび足を運んでいる。 この地で後半生を過ごした転生者にして女性考古学者のオンム・セティも、オシレイオンで自分の病気を癒していたという。エジプト文明の中心地だったアドビスは、いまでも聖性を失っていないのだ。


オシレイオンその2
オシレイオンその2




------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。