歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王家の谷
Category: エジプト・アフリカ   Tags: ミステリー  謎  超古代文明  歴史  伝説  エジプト  

ファラオの呪いが発動した少年王の墓所


エジプト南部、ナイル川を挟んでルクソールの対岸(西岸)にある王墓遺跡が王家の谷だ。
新王国時代の王や貴族の墓が、これまでに判明しているだけで62基発見されている。墓はいずれも地下に隠され、入り口もわかりにくくなっている。ピラミッドなど豪壮n建造物として築かれた王墓のほとんどが盗掘にあったため、防止策として考案されたのだ。

規模は王によって異なるが、セティ1世の墓は特に大きく、入り口から玄室まで110メートルの距離があった。内部は多くの部屋や通廊が連なり、落とし穴などの仕掛けも設置されていた。 だが、その努力も空しく、新王国時代末期には、盗掘が始まった。
王家の谷 その1
歴代の王たちが眠る王家の谷

19世紀に考古学者が王家の谷に入った時、王墓はほぼ壊滅状態だったのである。
1922年にイギリスの考古学者ハワード・カーターによって発見された、第18王朝のツタンカーメン王(在位=紀元前1363~前1354年ごろ)の墓は、盗掘にあいながらも被害がごく軽微ですんだ貴重な例だ。
なお、18歳で死んだツタンカーメン王だが、その生涯は謎に満ちていた。

まず、その墓は彼のためのものではなかった。
高官アイが自分のために用意したものだったのだ。ふつう王の墓は生前から用意されるものだが、ツタンカーメン王の場合、なぜかその用意がなかったわけだ。しかも、彼の名は死後、あらゆる記念建造物や神殿から抹消されてしまったのである。

ツタンカーメンは王にしては、かなりないがしろにされたようだ。奇妙な点はまだある。
死因が不明だったため、近年では他殺説まで浮上してきているのだ。しかも容疑者として、アイや王妃アンケセナーメンの名前までが挙げられる始末である。ちなみに、アイはツタンカーメン王の死後に王となり、夫を亡くした王妃は、新たな王の妻となっている。ツタンカーメンの黄金の仮面

悲劇の少年王・ツタンカーメンの身に何が起こったのか?
おそらくは宮廷内の勢力争いに巻き込まれたものと思われるが、
それは今なお謎のままだ。

なお、この王墓の発掘後、いわゆる「ファラオ(王)の呪い」事件が起こり、世界中の話題を呼んだ。これは、カーターのスポンサーだったカーナヴォン卿が原因不明の高熱で急死したのを皮切りに、発掘の関係者が20人以上も変死するというものだった。
ただし、肝心のカーターが発掘の17年後まで生き延びているため、単に偶然の一致とする見方が一般的だ。


王家の谷 その2
王家の谷



発見された主な王墓



王家の谷 その3
  • ツタンカーメン王墓(KV62)
  • トトメス1世王墓(KV38)
  • トトメス3世王墓(KV34)
  • ラムセス1世王墓(KV16)
  • ラムセス2世王墓(KV7)
  • ラムセス3世王墓(KV11)
  • ラムセス4世王墓(KV2)
  • ラムセス6世王墓(KV9)
  • ラムセス7世王墓(KV1)
  • ラムセス9世王墓(KV4)
  • ラムセス10世王墓(KV18)
  • セティ1世王墓(KV17)
  • セティ2世王墓(KV15)
  • アメンヘテプ2世王墓(KV35) 
  • ハトシェプスト女王墓(KV60) 
  • アイ王墓(WV23)


など Wikipedia より引用



Wikipedia - 王家の谷 より画像をお借りしました。





------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。