歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バビロンの空中庭園
Category: 世界の七不思議   Tags: 世界史  七不思議  ミステリー  謎  巨大建造物  

- 砂漠の国を嫌った王妃への贈り物 -


紀元前600年頃、新バビロニア王国の首都バビロンに、ネブカドネザル2世(在位=紀元前604~前562年)によって造られた階段状の庭園が、バビロンの空中庭園である。高さ15メートル四方の基盤の上に、幾層ものテラスが重ねられ、最上部までの高さは110メートルにも達した。主な建造材料は切り石とレンガ。書くテラスには、防水のために天然アスファルトを使用するなど、入念な工夫が施されてもいた。
こうした基礎工事の末に、各テラスには大量の土が盛られ、さまざまな花や樹木が植えられたのである。
これらの生育に必要な水は、庭園の前を流れるユーフラテス川から汲み上げた。さらに、庭園の正面には、訪れる人々の為に階段が設けられており、内部には丸天井の部屋が、いくつも造られていた。遠くから見ると、この庭園は、あまりの巨大さのために空中に浮いているかのように感じられた事から、この名で呼ばれるようになったのだ。

16世紀に描かれたバビロンの空中庭園
バビロンの空中庭園


この庭園は、ネブカドネザル2世が、王妃アミュティスの為に建造したと言われる。王妃は北方の山岳地帯メディアの出身である。山国の豊かな緑に囲まれて育った彼女にとって、雨がほとんど降らないバビロンでの生活は味気なく、しきりに故郷の山野を恋しがったという。そこで王は、王妃を慰めるために、メディアの山と森の再現を思い立ったのである。

それにしても、各テラスまで水を上げ、植物に水やりをするのに、当時の人々はどんな方法をとったのだろうか?
言い伝えによると、庭園の最上部には貯水タンクが設けられ、パイプを通して各テラスに給水し、噴水や自動散水器で植物に水やりをしていたらしい。だが、この揚水メカニズムに関しては、何ひとつわかっていない。現代でこそ、地上110メートルの高所への揚水は造作もないが、2600年もの昔に、これほどの水利技術があったとすれば、まさしく驚異である。

なお、この空中庭園は、紀元前538年のアケメネス朝ペルシア侵攻の際に破壊されたと言われ、長く伝説のみが残る存在だった。ところが、20世紀初頭、ドイツの考古学者ロベルト・コルデヴァイによる発掘調査の際、その存在が、2500年ぶりに確認されたのである。コルデヴァイはネブカドネザル2世の宮殿近くで発見した建物の遺構を、空中庭園の跡と推測した。

だが、近年、現地のイラクの研究者が反論を出した。発掘された遺物を検証した結果、コルデヴァイの発見した遺構は食料貯蔵庫だと主張したのだ。そして、ユーフラテス川により近い別の場所を、庭園の跡地として比定したのである。
幻の巨大構造物が、真実の姿を見せる日は、いつになるのだろうか?



このカテゴリーをさらに見る。
世界の七不思議



------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。