歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギザの大ピラミッド
Category: 世界の七不思議   Tags: 七不思議  古代文明  エジプト  ピラミッド  謎  

- ただひとつ現存する驚異の不思議建造物 -


エジプトの首都、カイロの南西5キロの地点に位置する都市ギザ。この都市の西に、砂漠が広がるギザ台地がある。
このギザの砂漠にそそり立つのが、やや小さい二つのピラミッドを従えた大ピラミッドだ。
大ピラミッドはフィロンが挙げた「世界七不思議」の中で、唯一現存する巨大建造物である....

平均2.5トンの石材を230~250万個も使用し、高さ約137メートル、底辺約230メートル、傾斜角51度52分の方錐形を成す。現在こそ巨大な石灰岩が階段状に連なって見える大ピラミッドだが、建設当時は他の石灰岩より上質の白い石灰岩で、表面が化粧仕上げされており、陽光を浴びて燦然と輝いていた。
頂上部はキャップ・ストーンで覆われ、そのため現在より10メートルは高かったと言われる。

紀元前2500年頃に建造された、この驚異の大ピラミッドは当初、王墓と考えられていた。
そして、建設者は古代エジプト古王国第4王朝のクフ王(在位=紀元前26世紀頃)とされている。
だが現在、大ピラミッド=王墓説は、遺体が内部に無い事などから、否定する研究者が多い。
加えて言えば、建設者が果たして本当にクフ王だったかもあいまいなのだ。一体誰が、何の目的で、この壮麗な建造物を造ったのか……?

ギザの大ピラミッド


詳細は今後のエントリーでも取り上げようと思う......



------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。