歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃源郷
Category: 世界のミステリー   Tags: ミステリー  伝説  謎  歴史  

不老不死の仙人たちが住まう村


桃源郷とは中国における理想郷、ユートピアのことだ。そのルーツは4世紀から5世紀にかけて活躍した詩人、陶淵明の『桃花源記』にある。
それによると晋の時代、武陵(湖南省)にひとりの男がいた。あるとき、谷川を船に乗って山奥へ入っていくと、突然、桃の花が一面に咲き乱れる林が両岸に広がった。その美しさに魅かれるまま水源にたどり着いた男は、山腹に小さなトンネルを発見。その向こうは、家も田畑も立派で、人々が微笑を絶やさない夢のような世界だったのだ。

村人の説明によると、彼らは秦の時代に戦乱を避けて山奥に移住し、外界との関わりを絶って暮らしてきたのだという。
男は村の家々を回っては、外の世界について知るかぎりの話をした。そして、暇を告げると、「ここで見たことは話さないでほしい」と懇願されたのである。

だが男には、最初からそんな約束を守るつもりはなかった。
木々に目印をつけながら里へ帰ると、役人に報告。すぐに捜索隊が結成され、男の目印を頼りに山中に分け入っていったのだ。ところが不思議なことに、桃の木も村への入り口も発見できなかったという。

ちなみにここに出てくるモチーフ━━━深山幽谷、(霊力のある)桃、不老不死の村など━━━が、道教の仙人思想と深く結びついていることはいうまでもない。つまり桃源郷は仙人の住まう村であり、中国人の永遠の憧れなのである。




------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。