歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレクサンドリアの大灯台
Category: 世界の七不思議   Tags: 世界史  七不思議  ミステリー  謎  

- 巨大な反射鏡の光が夜の海を照らす -


エジプトの北部、ナイル川のデルタに位置するアレクサンドリアといえば、かの大王アレクサンダーが建てた港湾都市だ。その沖合のファロス島には、かつて大灯台があった。建設者はプトレマイオス1世(在位=紀元前304~前282年頃)。大王の側近で、エジプトにプトレマイオス朝を開いた人物だ。

アレクサンドリアの大灯台 想像図大灯台の建設が始まったのは、紀元前305年ごろ。20年の月日を費やして完成した。
石灰岩で造られた大灯台は、高さは最低でも120メートル、形態は3階建て。基盤の1辺は約30メートルあった。
1階は角錐台、2階は八角柱形、3階は円筒形を成す。灯台内部には、ゆるやかな螺旋状の傾斜道が3階の灯火室まで続いており、燃料はロバの背に乗せて運んだと伝えられる。ただし、燃料の運搬法については、簡易エレベーターが設置されていたという説もあり、実態は定かではない。

さらに、その燃料が何であったかについても、樹脂分の多い木材説、鉱物性の油説など諸説あるが、詳しい事は不明だ。古文書によると、灯火室には直径1メートルもの、ガラスと透明な石でできた巨大な反射鏡(レンズ)が設置されていた。
そして、灯火室で灯された光の強弱や方向が、この反射鏡によって自在にコントロールできたというのだ。

さらに伝説は、大灯台から発した光は50キロもの遠距離からでも識別できたとも伝える。
また、太陽光線を集めて反射させることにより、160キロもの遠方にある船を焼く事が可能だったという。
なお、反射鏡の素材については、古文書のいう透明な石=水晶説は、研磨技術の問題もあって否定され、金属を磨いた凹面鏡であったという考えが通説となっていた。

だが19世紀末、メソポタミアで約2700年前の水晶レンズが発見された事で、古文書の記述を完全否定する事はできなくなってきた。残念ながら、この大灯台は796年の大地震で倒壊し、地中海にその姿を没し去った。
現在では、地上にわずかに所在跡が残っているにすぎない。

ところが1994年、海底から巨大な石材が発見された事を端緒に、アレクサンドリアの海底から次々と古代遺物が見つかっている。現在、これらが大灯台の遺構かどうかを確認する為の検証作業が行われている。



このカテゴリーをさらに見る。
世界の七不思議


------------------------------
  同じカテゴリーの関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。