歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムー大陸
Category: 超古代文明   Tags: 歴史  超古代文明  謎  大陸  伝説  ムー  

一夜にして太平洋に沈んだ巨大大陸


アトランティスが西洋に残された伝説の大陸なら、ムーは太平洋の神秘の大陸である。
とはいえ、その存在が世に知られたのは比較的最近のことだ。そもそもは1968年、イギリス陸軍大佐としてインドに駐留していたジェームズ・チャーチワードが、現地の寺院で僧に奇妙な絵文字の刻まれた粘土板を見せられたことに端を発している。

彼は、この謎の粘土板(「ナーカル碑文」と呼ばれる)の解読に挑み、2年の歳月をかけてそれに成功。
なんと、遠い昔に母なる国「ムー」からインドにやってきた「聖なる兄弟(ナーカル)」と呼ばれる人々によって記された、歴史物語だったというのだ。
チャーチワードが描いたムー大陸の地図
チャーチワードが描いたムー大陸の地図

チャーチワードは、退役後もナーカル碑文の研究を続け、インド各地の寺院からチベット、タイ、カンボジア、さらには太平洋の島々にまで実地調査を行う。そして『失われたムー大陸』という著作を発表し、ムー帝国の詳細を初めて世に知らしめたのである。

それによればムー大陸は、太平洋上に東西7000キロ南北5000キロという広大な面積を占める巨大大陸で、海峡によって3つの陸部に分かれていた。その首都ラニブラの王宮では、「ラ・ムー」と称される王が君臨し、すべての行事、政治、宗教を司っていた。

また、各都市では石畳を敷き詰めた道路と運河が整備され、それぞれの地域で10の種族が白人系種族の支配のもと、平和に暮らしていたという。彼らが得意としていたのは航海術で、植民船団を組織しては、盛んに周囲の地域にも進出した。
最初は東に向かい、中央アメリカから南アメリカにムーの文化を広め、現在のアマゾンに巨大都市を建設した。

一方、西へ進んだ船団は、中国に上陸するとユーラシア大陸を西進、モンゴルからシベリア一帯を開拓する。
そのうちの一部、ビルマ(ミャンマー)からインド方面へも進んだ。
ところが、そんなムー帝国にも終焉のときが訪れた。
大地の鳴動に続き、休火山がいっせいに噴火して、地鳴りと大地震が大陸を襲ったのだ。

大陸は波のようにうねり、火柱が大空を染めた。そして大津波とともに、海中にその姿を消したのである。
それは、ちょうど今から1万2000年前のことだったという。
正直なところ、チャーチワードが記述したような大陸の存在は、学術的にはほとんど否定されているといっていい。

だが、かつてのムー大陸を囲むように太平洋に点在する島々に、多くの共通点をもった遺跡が現存することもまた事実なのである。日本の与那国島海底遺跡やスンダランドにしても、ムーとの関連で考えたとき、初めて有機的に繋がってくる。
その意味でも、ムーは決して幻の大陸ではないのだ。



   ジェームズ・チャーチワード
ジェームズ・チャーチワード

ジェームズ・チャーチワード(英: James Churchward)、1851年2月27日 - 1936年1月4日)は、アメリカ合衆国在住のイギリス人でムー大陸についての著作を書いた作家である。

父ウィリアム・チャーチワードが1890年に『ブルックリン・タイムズ』土曜版に沈んだ大陸についての投稿をしたとされ、ジェームズは父の遺志を継いだという。また。1931年4月20日アメリカ心霊現象研究協会(ASPR)で講演会を行なうなど心霊団体にも関わっていた。講演録は、ハンス・ステファン・サンテッスン『ムー大陸の理解』(1970年)に収録されている。1936年1月4日、84歳のときロサンゼルスで講演中に倒れ死亡。墓はニューヨーク郊外にありムー帝国の紋章が刻まれている。

Wikipedia - ジェームズ・チャーチワード より引用



テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。