歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドの海底遺跡
Category: 超古代文明   Tags: 歴史  超古代文明  謎  大陸  伝説  

『マハーバーラタ』は史実だった!?


世界最古の文明は、インドの海底に眠っている --- そんな衝撃的な発見が、2001年になされている。
インド国立海洋技術研究所の調査船が、インドの西海岸にあるカンベイ湾で海底の地形を調べたところ、40メートルの海底に海底都市が確認されたのである。
この都市は古代の川の両岸に、長さ9キロ、幅2~3キロという規模で広がっていた。まさに大都市だ。
しかも神殿のような建物や、高級住宅を思わせる土台、大浴場跡、排水施設、大通り、堤防まであった。
しかも、発掘の結果見つかった木材、貝、サンゴ、人間の歯を世界各地の年代測定研究所で調べてもらったところ、紀元前5500年、前7500年、前7545年から前7490年という数字まではじき出されたのだ。

これは、考古学者たちを困惑させる数字だった。
なぜなら人類の文明は、紀元前3500年ごろ、シュメールで始まったとされているからだ。

しかし、地質学的に見れば、この数字はきわめて適正なものだという。
というのも、海底40メートルのこの遺跡が海面上にあった時期は、紀元前5000年より前でなければならないからである。
果たして、考古学と地質学、どちらが正しいのか。
答えは、まもなく提出されるかもしれない。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

地質学が正しいだろう。
考古学は進化論に毒されて、事実をありのままに見ることが出来ない。

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。