歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バルヌネの石塚
Category: 超古代文明   Tags: 超古代文明  謎  巨石文化  遺跡  

巨石のパルテノン神殿


フランス、ブルターニュ地方のプロゾッコには、長さ75メートルで11本の横穴が通った奇妙な遺跡がある。フランス巨石文化を代表するバルヌネの石塚だ。同国の著名な作家であり、文化相も務めたアンドレ・マルローは、かつてこの遺跡を「巨石のパルテノン神殿だ」と称賛したことがある。確かに堂々たる威容の遺跡である。
だが、これは紀元前5世紀に造られたパルテノン神殿よりも遥かに古い、約6500年前の遺跡なのだ。そう、話は逆だと言うべきだろう。なお、フランスの考古学者ジャン・ピエール・モエンは同遺跡を巨石文化初期の墳墓と位置づけている。

そして、墳墓は時代が下るにつれ、バルヌネのような複雑な構造のものから、ドルメンのように単純化していくとも語った。だとすれば、その複雑な構造の墳墓を建造する技術はどこからきたのか?

現在、湾を望む海岸にあるバルヌネが、かつて海面下にあったとする説も根強い。
つまり同遺跡は海底遺跡だったというのだ。巨石遺構の常で、バルヌネの建造者はもちろん、その用途も本当に墳墓だったかどうかは不明だが、同遺跡が海に沈んだアトランティスの一部であったとする研究者は少なくない。


バルヌネの石塚
バルヌネの石塚


巨石記念物 - Wikipedia



テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。