歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルタ島
Category: 超古代文明   Tags: 歴史  超古代文明  謎  大陸  伝説  巨大建造物  

- 四大文明より古い5600年前の巨石神殿 -


地中海のほぼ中央、長靴形をしたイタリア半島のちょうど長靴形のつま先、シチリア島のすぐ下にマルタ島がある。
島自体は小さく、334平方キロほどの広さしかない。だがここは、新石器時代からずっと人々が暮らし続け、四大河文明よりも長い歴史が刻まれた場所なのだ。
たとえばこの島では、随所で神殿や地下宮殿の遺跡が見られる。すでに発掘されたものだけで二十数か所、崩壊して手付かずのものも加えれば、40か所はあるという。なかでも地下神殿ハイポジウムは、石灰岩をくりぬいた地下3階建てという規模で、ドーム型の天井と楕円形の室内空間が33室もひろがっている本格的なものだ。

さらに、室内には壁画の跡も見られ、巨大な井戸まで発見されているのである。
ところが、これほどの神殿でありながら、発見時には床から1メートルまで赤土で埋まり、とても埋葬されたとは思えない、重なり合った7000体もの人骨が発見されている。つまり、なんらかの自然災害によって、瞬時に地中に埋まったと推測されるのだ。

ちなみにこの神殿は、紀元前3600~前2500年頃に作られたものと推定されているが、一部には1万年以上前のものではないか、と見る学者もいるという。もしも後者なら、埋まった原因をアトランティスを襲った大洪水だと考えることもできるし、あるいは前者だったとしても、この島の滅亡の記憶が時代が下り、アトランティス神話になった、と解釈することは、決して不可能ではないだろう。

ジュガンディーヤ神殿
マルタ、ゴゾ島のジュガンディーヤ神殿。
紀元前3600年に造られたといわれる。


ちなみにマルタ島では、巨石遺跡の存在は完全に忘れられていた。
たとえば地下神殿ハイポジウムのあるタルシエン村の農民たちは、畑を耕すたびに鋤や鍬の刃を破壊する土中の巨石の存在に長い間悩まされ、巨石を見つけるたびに破壊し、取り除いてきたのである。

「もしかしたら、ただの石ではないかもしれない」と考えたひとりの農民によって博物館に報告され、ようやく調査の手が入ったのは1913年のこと。その結果、地中にヨーロッパで最大級の古代建造物がうもれていたことがわかったのだ。

残念ながらこの時無傷で残されていたのは、土台と壁の低い部分だけだった。
しかし、その後の調査によって、往時の姿を再現することに成功したのである。

また、島にはあちらこちらに、「カート・ラッツ(車輪の轍)」と呼ばれるレールのように並行に穿たれた2本の溝も残されている。
水路だとも石を運ぶためのレール跡だとも言われているが、これもまた古代の叡智の跡であることは間違いないだろう。

地下神殿ハイポジウム
ハイポジウムの中央広間





PR: History Channel

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。