歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビミニ・ロード
Category: 超古代文明   Tags: 歴史  超古代文明  謎  大陸  

フロリダ沖に沈む驚異の海底遺跡


1968年9月、アメリカ、フロリダ半島沖にあるバハマ諸島ビミニ島から1キロほどの浅瀬で人工的な石組みが見つかった。

ビミニ・ロード
J字の敷石は1.2キロ先まで続くという。

マイアミ科学博物館の考古学者で、深海潜水士でもあるJ・マンソン・バレンタイン博士らが探査のために潜ったところ、長さ約600メートルにもおよぶ壮大な石畳を発見したのである。
それは長方形になった大小の切り石が直線に並べられた、まさに道路。そのため、地名からビミニ・ロードと名づけられている。
切り石は最大のもので4.5メートル四方もあり、かなり巨大。それが石灰岩の基礎の上に整然と並べられて直線を形成するだけでなく、長方形の大小の切り石がJ字形に敷き詰められ、その先端が見事なカーブを描いていることが明らかになった。
また、これらの石は、年代測定の結果、1万5000年前には地表に露出していたこともわかっている。

ビミニ・ロード02
ビミニ・ロードの敷石


この二つを考え合わせると、どうしても1万5000年前に存在した高度な文明=アトランティスの存在を視野に入れざるをえない。
だが、当時はそれも突飛な考えでもなかった。というのも、「眠れる予言者」として世界的に著名な故エドガー・ケイシーは、「神殿の一部が、古くからある海底の軟泥の下から発見されるであろう ---- フロリダ沿岸沖のビミニという場所の近くで……」と、この発見を年代も含めて正確に予言していたからだ!

現状では、この遺跡の正体についてはまるでわかっていない。考古学者のデビッド・ジク博士は、1975年と77年に確認調査を行い、海底に沈んだ宗教儀式か天文観測の遺跡ではないか、と結論づけている。
さらに1990年以降、ビミニ島東部のマングローブが群生する湿地帯で、上空からしか確認できない、猫や魚など動物の姿をかたどったマウンドの存在が明らかになり、新たな謎を提示している。

おそらく魚は鮫、猫はインカの守り神のジャガーを表していると思われるが、なぜ上空から見ないとわからないように造ってあるのか、理由は不明だ。

バハマ諸島の海域は、氷河期が終わって海面が上昇した1万2000年以後は隆起したことがない。もちろん、謎のアトランティスの遺跡がどうかは不明だが、ここに失われた一大文明圏が存在したのは確かだろう。

ビミニ・ロード03
ビミニ・ロード(海底の様子)





---- 同じカテゴリーの記事 ----

サントリーニ島
アトランティス大陸
失われた大陸

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。