歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失われた大陸
Category: 超古代文明   Tags: 歴史  超古代文明  謎  大陸  伝説  アトランティス  

幻の超文明は実在したのか?


1万2000年前に海中に沈んだとされるアトランティス大陸。この有名な失われた大陸の名を残したのは、エジプトの歴史家たちだった。そしてそれを世に知らしめたのが、哲学者プラトンである。彼が語ったアトランティスは、雄大や山脈と豊穣なる大地に囲まれ、豊かな食物と高度な文化に彩られたこの世の楽園、まさにユートピアそのものだった。
こうしてアトランティスは、西方の大海の彼方に存在する夢の大陸として、さまざまな楽園伝説と混合していく。
中世には伝説の島「極楽島」に、あるいはアーサー王伝説のアバロン島に……という具合に。

そんな彼らのアトランティス捜しが現実となったのは15世紀、大航海時代だった。
彼らは、西方の大海の彼方に発見した大陸をアトランティスだと信じた。どう見てもアトランティスのイメージとはほど遠い北米大陸に続々と足が向けられた理由のひとつには、彼らの楽園への憧れがあったからだ。

実はムー大陸も、発信源がジェームズ・チャーチワードという近代人に遡る点を除いては、根底にあるものはそれと同じである。幻の楽園捜しは、新大陸の向こうに広がっていたさらなる大海での、新たなユートピア捜しに他ならなかったのである。

ところで ------ 彼らが目指した大陸は、本当に"幻"だったのだろうか。
たとえばアトランティスに関しては、19世紀には「アトランティス学」なる学問まで誕生している。
地中海に、あるいは大西洋上に、さまざまなアトランティスの候補地がささやかれ、実際、そこで古代文明の遺跡や謎の遺構らしきものが発見されたことも多い。

ムー大陸にしても、かつて大陸があったとされる海域の周囲に、多くの謎を秘めた遺跡が点在しているのは紛れもない事実だ。
たとえば最近、注目を集めているものに、「環太平洋文化圏」がある。これは、太平洋上にはムー大陸を取り囲むかのような文化圏が存在し、海を隔てた遠い島々に共通するぶんかや遺跡が残されている、というものだ。

従来これは、海洋民族の舟による移動の結果である、と説明されてきた。それが唯一の「哲学的」説明だったからだ。
ところが最新の科学の成果は、その「常識」を覆しつつある。

実際、タイの沖には、かつて古陸「スンダランド」が存在し、ここから東アジアや東南アジアへ大きな民族移動が行われたことが判明している。つまりこれが、環太平洋文化圏=ムー文化圏の故郷なのではないか、という推測も成り立つ。

やはり、超古代文明は幻ではなく、現実に存在したのかもしれないのだ!





---- 同じカテゴリーの記事 ----

サントリーニ島
ビミニ・ロード
アトランティス大陸



PR :歴史

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。