歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丸石道祖神
Category: 日本   Tags: 謎  ミステリー  日本    

各所に配置された謎の石たち


山梨県の甲府盆地を歩けば、すぐ目に飛び込んでくる奇妙な丸い石。これは丸石道祖神と呼ばれるもので、道辻のかたわらに祀ることで、疫病や災いなどをもたらす悪霊が地域に入ることを防ぐものだといわれている。
祀り方もさまざまで、数十センチの大きな丸石が1個だけ祀られたり、直径10~30センチの丸石をいくつも積み上げて祀られたりしている。
自然の石もあれば人工の石もあるが、甲府盆地に集中している理由は、これらがピソライトと呼ばれる自然形成物だからかもしれない。つまり、火山ガスが吹き出す泥沼の中で泥が回転しながらくっつきあい、次第に大きくなって球石になるというものだ。

丸石神を研究した中沢厚は「丸石信仰の起源は石器時代に求めるべきだ。丸石と石棒神の祭祀の共存が見られることから、一応縄文文化期を想定してみる」と述べた。
それでも、こうした丸石が祀られている理由は民俗学研究の範疇を出ていないのが現状だ。

ヨーロッパのレイラインのように、大地の気の流れをコントロールするためのものか。あるいは霊的な結界になりうる、知られざる機能が丸石にはあるのかもしれない。

丸石道祖神
丸石道祖神



画像は、石を訪ねて からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。