歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葦獄山
Category: 日本  

世界最古のピラミッドなのか?


日本のピラミッド研究は、1932年、酒井勝軍によって、広島県庄原市にある葦獄山が、人工のピラミッドである、と断言されたことに始まる。明治6年、山形県に生まれた酒井は、仙台神学校に入学後、クリスチャンとなった。
アメリカにも留学し、牧師として着実に頭角を現していくのだが・・・昭和2年にユダヤ・シオニズム運動の調査のため、中東・パレスチナに派遣されてから、彼の人生は大きく変わっていく。
というのも彼は、そこで突如としてピラミッド研究に没頭しはじめ、ついには世界中のピラミッドのルーツは日本にあるという、いわゆる日本ピラミッド発祥説を唱えはじめるのである。
その根拠として酒井は、有名な「竹内文献」を伝える天津教竹内家神宝のひとつ、御神体石に神代文字で書かれた「日来神宮」を挙げている。
この言葉「日来神宮」こそ、古代日本における「ヒラミット(ピラミッド)」の存在を暗示するもの、というのだ。

ただし、誤解のないよう付け加えておけば、酒井の定義では、ピラミッドは必ずしもエジプトやマヤのように、人工的に石組みされたものである必要はないとされる。つまり、山や丘など、自然の地形を巧みに利用しながらその一部に石や土を積み上げ、形作られたものでも構わない、というのである。
であればなおさら、日本におけるそれは、長い年月のうちに木も草も生え、石組みは崩れ、いつしか自然の山と区別がつかないようになってしまったのも当然なのだ、と。
ただし、ピラミッドとして絶対に欠かせないものもある。山頂に設置された「太陽石」と呼ばれる、一種のエネルギー集積装置だ。つまり酒井によれば、ピラミッドは古代のテクノロジーによるエネルギー装置だった、というわけなのだ。葦獄山ピラミッド説は、当時、新聞でも大々的に報じられ、広島県の山村には続々と見物客が押し寄せることになった。

確かに葦獄山は、中腹から山頂にかけて人工的に積み上げたような巨岩が大量に存在し、その山容も美しいピラミッド型をしている。また山頂には、酒井が主張したような太陽石もあったのだ。
ちなみにこの太陽石は、後に国家によって破壊され、谷底に投げ落とされてしまったといわれているのだが・・・。

葦獄山の山容
葦獄山の山容

画像は、日本超古代文明の謎からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。