歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒又山
Category: 日本   Tags: 謎  ミステリー  超古代文明  巨大建造物  宗教施設  日本  

山頂に謎の空間を有する半人口ピラミッド


1932年に酒井勝軍が、広島県庄原市にある葦嶽山がピラミッドである、と断言したことで日本ではちょっとしたピラミッド発見ブームが起こった。たとえば青森県新郷村では、日本でふたつめとされるピラミッドと大石神が「発見」されているし、同時にキリストの墓も「発見」された。が、そんななか、こうしたブームとは一線を画すかのように、最近になって「発見」された和製ピラミッドがある。それが、秋田県鹿角市にある黒又山(通称クロマンタ)だ。
黒又山
黒又山(通称クロマンタ)

標高は280メートル、すぐ近くには、有名な大湯環状列石もある。つまり、大湯でストーンサークルを作った文化圏にあるといってもいい。現地の案内板の記述によれば、名前の「クロマンタ」は「クルマンタ」とも呼ばれ、アイヌ語にルーツがるという。つまり「クル」は「神または普通でない人間のこと」で、「マクタ(マンタはマクタの転訛)」は「野」。さらに「キシタ」という「山」の意味がついて、「クルマクタキシタ」=「神野山」となり、「クロマンタ」と呼ばれるようになったと推測されている。

要するに、多くの神々が祀られた野に立つ神の山であり、そういう意味ではたしかに、ピラミッドといってもいい存在なのである。なお、この黒又山には、日本のピラミッドとしては唯一、本格的な学術調査も入っている。環太平洋学会によって行われたその調査では、山頂で縄文後期から続縄文期にわたる祭祀用土器が多数発見され、山岳祭祀の遺跡であることが判明した。また地中のレーダー調査では、全山が階段ピラミッドに似た7段から10段のテラス状の人工構造物である可能性が高くなったとされ、頂上部分では立石や7列に並ぶ規則的に配列された円弧状の配石まで見られるのだという。

ちなみに山頂には、本宮神社が鎮座しているが、この部分は平らに整えられており、メンヒルや縄文土器が発見されている。つまり、大湯の環状列石同様に、ここも古代の祭祀場であった可能性がきわめて高いのだ。はるかなる古代、聖なる山の山頂で行われた聖なる儀式。それはいったいどのようなものだったのだろうか。

黒又山 薬師堂
山頂にある本宮神社の社殿(薬師堂)





画像は、日本ピラミッド案内 からお借りしました。





テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。