歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
邪馬台国
Category: 日本   Tags: 謎  ミステリー  超古代文明  伝説  歴史  日本  

女王・卑弥呼が君臨する謎の都


日本古代史でもっとも有名な謎―それが邪馬台国論争だ。
中国の史書『魏志』の「倭人伝」に記された、女王・卑弥呼が君臨する邪馬台国はどこにあったのか?
候補地は、それこそ日本中にあると言われるほどの、百花繚乱状態なのだ。
だが、大きく分ければやはり、畿内説と九州説に二分されるだろう。そもそもこのふたつの仮説は、江戸時代に、新井白石が畿内説を、本居宣長が九州説を唱えたことに始まるといわれている。実に、300年にもわたる大論争なのである。なぜ、そのようなことが起こるのかといえば、それは、『魏志』の「倭人伝」における記述の不正確さに原因がある。

「倭人伝」は、邪馬台国までの行程を、方位・日数ともに詳しく記しているのだが、その通りに進むと、九州のはるか南の海上に出てしまうのだ。となれば、方位か日数のどちらかが間違っているに違いない(両方では、そもそも位置の比定自体が不可能になる)。そこで、「南」という表記をそのまま「東」と読みかえると、日数はほぼそのままで畿内に至る。これが畿内説だ。

魏志倭人伝
魏志倭人伝に描かれた倭の国々 畿内説

逆に方位はそのままで日数の「陸行1ヵ月」を「10日」に読みかえると、今度はきれいに九州に収まるのである。
また、同じ九州説でも、伊都国を中心に放射状に読む説もあり、この場合には、日数を読みかえる必要さえなくなる。ただいずれにせよこれらは、史料を自分の都合のいいように読みかえているにすぎない。いってみればこれが、文献を中心に歴史を考える文献史学の限界、ともいえるのだ。

そこで―別な観点からアプローチをはかったのが、考古学的研究である。つまり、遺跡からの出土物で邪馬台国を確定しようというのだ。なかでも、もっとも重要視されているのが景初3(239)年に卑弥呼が魏からもらったとされる、100枚の銅鏡―三角縁神獣鏡である。現在、日本国内では、「景初三年」もしくはその翌年の「生始元年」という銘が入ったものを含む三角縁神獣鏡が、畿内を中心に発掘・分布している。一方、九州からの出土は比較的少ない。これはつまり、鏡を大量に所有していた国、つまり邪馬台国が近畿地方にあった証拠だというわけだ。

ところがこれには、大きな問題があった。というのも、卑弥呼が魏の皇帝からもらったはずの100枚の鏡が、すでに日本国内で400枚以上も見つかっているのである。しかも、肝心の中国では、まだ一枚もその存在が確認されてないのだ。そのためこれらの鏡は中国製ではなく、厚生、日本で作られた贋物だ、と指摘されたのである。このように、邪馬台国をめぐる論争は、文献史学・考古学の両論をもってしても、いまだ判然としていない。

三角縁神獣鏡
三角縁神獣鏡




画像は、Wikipedia-邪馬台国 からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。