歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エローラ
Category: アジア   Tags: 超古代文明  歴史  巨大建造物  宗教施設  アジア  

インドの主要宗教を網羅した石窟寺院


インド、オーランガーバード市の北西20キロの地に、エローラ石窟寺院がある。これは岩山の斜面に掘られた、主要窟34の石窟寺院だ。建造年代は5~10世紀。
南から順に、第1~第12窟が仏教、第13~第29窟がヒンドゥー教で、第30~34窟はジャイナ教の寺院である。エローラ石窟寺院は、インドの主要宗教のすべてを網羅しているのだ。中でも知られているのは、第16窟のカイラーサナータ寺院。これは巨大な岩塊を、岩山から切り離して造られている。ヒンドゥー教のシヴァ神が住む、ヒマラヤの聖峰カイラス山を模して造られたという同寺院の大きさは、幅45メートル、奥行き85メートル。高さは30メートルに達する。カイラーサナータ寺院は、757年ごろから掘りはじめられた。そして、完成したのは、実に220年後の975年だった。その間、作業はノミとツチだけで進められ、建造中に掘り出した石の量は、推定20万トンという。なお、34ある石窟の壁面はいずれも彫刻で埋められているが、とりわけ第14~16窟のものは傑作ぞろいで、ヒンドゥー教のあらゆる神像が見られることでも有名だ。

エローラ石窟寺院





画像は、Wikipedia-エローラ石窟群 からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

歴史的な 建造物ですね.拝見させて 頂きました. ありがとうございました.

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。