歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アユタヤ
Category: アジア   Tags: アジア  

外敵に破壊されつくした王都


タイの首都バンコクの北約90キロにある古都がアユタヤである。当地に残された遺跡は、アユタヤ朝(1351~1767年)の創始時に王都として築かれたもので、王宮跡と寺院跡が残る。
同王朝は貿易で国力を上げて富を蓄えた。上座部仏教(小乗仏教)を信奉していた歴代の王は、その富を背景に多くの寺院を建立したのである。絢爛たる黄金で装飾されていたという建築物や仏像は、目もくらむほどのまばゆさだったろう。ところが1767年、ビルマ(ミャンマー)軍の攻撃を受けて、アユタヤ朝は滅亡した。美しい建築物、寺院や仏像は徹底的に破壊された。寺院の大半は廃寺となり、王宮も台座を残すのみ。莫大な財宝もビルマ軍に奪い去られた。現在、アユタヤに残る遺跡は、大半が修復されたものであり、崩れかけたまま無惨な姿をさらしている遺跡も少なくない。なお、14世紀中ごろ~18世紀ごろまでアユタヤには日本人町があった。最盛期で1000~1500人の日本人が住み、政治的にも大きな力をもっていたという。

アユタヤ遺跡
アユタヤ遺跡。ワットマハタートの仏塔群。




画像は、Wikipedia-アユタヤ王朝 からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。