歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長江のピラミッドタワー
Category: アジア   Tags: 謎  ミステリー  巨大建造物  アジア  

天に向かってそびえる謎の尖塔


中国、四川省西部の長江上流域。古代長江文明発祥の地として近年、注目を集めている地域だ。実は、この地域の農村地帯で奇妙な光景を見ることができる。天を圧してそびえる巨塔である。
しかも、このエジプトのオベリスクを巨大したような塔、ピラミッドタワーの総数は700~800本。林立する塔の高さは低いもので約30メートル、高いものは80メートル。多くは石を組み上げたものだ。造りは堅牢で、内部は多数の階層に分かれている。地上約8メートルの高さに入口があり、梯子を使って入る。それにしても、この奇妙な塔、いったい誰が、いつ、何のために建造したのだろうか?一般にはピラミッドタワーは、10~16世紀に羌族(きょうぞく)が建造したものとされている。羌族とは、四川省付近を支配していた遊牧民族で、特異なシャーマニズムを保持していることでも知られる。そのため巨塔は、彼らのシャーマニズムに関連した施設だと考えられているのだ。ところが、肝心の羌族が否定した。自分たちはこのような塔を建設した覚えはないという。では、羌族でないとすれば、建設者は誰なのか?なお、タワーには現在、南方から来たチベット族などが住みつき、住居や納屋代わりに使っているという。

長江のピラミッドタワー
農村地帯に林立するピラミッドタワー




画像は、CCOTS からお借りしました。





テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。