歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楼蘭
Category: アジア  

ロプノール湖畔に栄えた王国


1900年3月、スウェーデンの探検家スウェン・ヘディンによって、中央アジアのロプノール湖畔(現・中国新疆ウイグル自治区)で発見されたのが楼蘭遺跡だ。楼蘭は紀元前2世紀から5世紀にかけて、シルクロードの要衝として栄えた楼蘭王国の中心都市。

遺跡からは、仏教や東西それぞれの影響を受けた遺物や文書が多数出土した。楼蘭はロプノール湖の縮小につれて衰え、7世紀初めには廃墟と化した。なお、遺跡はタクラマカン砂漠という乾燥地域にあるため、ミイラが多く発掘される。中でも注目されたのが「楼蘭の美女」だ。1980年、中国新疆文物考古研究所の研究員が発見したものだが、調査の結果、楼蘭王国よりはるか昔の約3800年前の女性のものと判明。保存状態は良好で、年齢約40歳、身長約155センチ。発掘当初は驚くほど白い肌をしていた。現在、ミイラは新疆ウイグル自治区の首府ウルムチの博物館に展示されているが、防腐処理のため、肌は黒ずんでいる。

「楼蘭の美女」
3800年もの間眠っていた「楼蘭の美女」




画像は、道をゆく~シルクロードと遍路道 からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。