歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殷墟
Category: アジア   Tags: 歴史  アジア  

発見のきっかけは甲骨文字だった


世界4大文明のひとつ、中国の黄河文明から興った王朝の殷は、長らくその存在が疑問視されてきた。だが、河南省安陽市の小屯村から出土した、古文字らしきものを刻んだ甲骨を解読した結果、この地に実際に殷の都があることがわかったのだ。
殷墟遺跡
殷墟遺跡

1928年、中央研究所による本格的な発掘調査が始まった。発掘は日中戦争が勃発した1937年まで15回行われ、甲骨や青銅器、墳墓などの遺跡が発見されたのである。調査の結果、遺跡は殷末の約300年間、王都だったことが判明した。殷は、前王朝の夏を滅ぼした湯王を開祖として、紀元前16世紀に興った。以降、最後の王である紂王が周の武王に滅ぼされる、紀元前11世紀半ばまで続く。ただし殷とは周による呼称で、殷の住民は自国を商と呼んだ。なお、夏は17代続いたとされる、中国最古の王朝だが、現時点では遺跡等は発見されていない。

ところで、いったん途絶えた殷墟の発掘は1950年以降に再開され、現在も継続中だ。遺跡の範囲は東西6キロ、南北4キロ。これまでに多くの建造物や墳墓などが発見されている。とくに歴代の王の墓所と推定される場所では、13もの墳墓が見つかった。なお、13の墳墓のうちには、ひとつだけ遺体がなく、中が空のものがあった。研究者たちはこれを、紂王のものではないか、と推測している。というのも、紂王は周の攻撃で都が陥落する際に焼死したため、墓に入れなかったというのだ。1976年に発見された第22代の王・武丁の后の墳墓からは6匹の犬、16人の殉職者の骨が見つかっている。その他に副葬品として、大量の青銅器、玉石器、石彫塁、骨格器、当時の貝貨など。

なお、殷墟で発見された甲骨に刻まれた文字が、漢字のルーツと考えられていることは、いうまでもない。これらの甲骨からは5000字以上の文字が確認されているが、現在、解読されているのは1700字ほど。また、文字を刻んだ甲骨の多くは、占いの内容が記録されたものだった。殷ではこのように、占いで得られた結果を天の意志として尊重し、祭祀者としての王が、その意思をくんで国事を決めた。いわゆる祭政一致の神権政治だったのである。殷墟から発見された骨の中には、バラバラの人骨なども見つかっている。おそらくこれらは、祭祀用に生け贄にされた人物のものと思われる。
なお、殷に特徴づけているものに当時、最盛期を迎えていた青銅器はまさしく多種多様で、祭祀に用いられた各種祭器のほか、肉を煮る器(方鼎ほうてい)や食物を盛る器などがある。

   甲骨文字。    甲骨文字
     甲骨文字は亀の甲羅や動物の骨に刻まれる古い文字である。





画像は、中国百科 からお借りしました。





テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。