歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マチュピチュ
Category: 南北アメリカ   Tags: 超古代文明  南北アメリカ  宗教施設  

アンデス山中に築かれたインカの天空都市


インカ帝国の遺跡としてもっとも有名なのは、おそらくこのマチュピチュだろう。クスコから70キロほど奥地に入った、海抜2500メートルの花崗岩の山の山頂を切り崩して作られた「空中都市」。標高が高いだけでなく、遺跡自体、ウルバンバ川の渓谷から600メートルの崖の上に位置し、北側にはさらに険しい峰を背負っている。まさに、奇跡の都市なのだ。
そんな山上、およそ40万平方メートルの敷地に、神殿、王宮、邸宅、倉庫などが立ち並んでいる。それはまさに「密集」というイメージがぴったりで、しかも驚くべきことに周囲の斜面には無数の段々畑が並び、自給自足体制がなされていたのだ。この宮中都市が「発見」されたのは、1911年のこと。インカ最後の皇帝が持ち去ったといわれる莫大な黄金伝説-エル・ドラード捜し―は、多くのトレジャー・ハンターの足を険しいアンデス山中へと向かわせた。その熱は20世紀になってもさめることなく、アメリカ人探検家ハイラム・ビンガムもすでに複数回、山中へとわけ入っていた。そして案内のインディオから、「峰の懐にある廃墟へ案内しよう」という申し出を受けたのだ。

そこにあったのは「みごとな建築の、広大なテラス」だった。樹木やコケに覆われ、最初はそれがさほど重大な発見とは思わなかったが、時間が経つにつれ、ただならぬ遺跡が目の前にあることに気付く。それが、マチュピチュ「発見」の瞬間だったのだ。もちろんマチュピチュは、エル・ドラードではなかった。建設時期も、建設目的も、まだよくわかっていない。ただ、周辺の洞窟から100体近い女性の遺体が発見されていることから、彼女たちはマチュピチュの宗教施設「太陽の塔(神殿)」に仕えた巫女だったのではないか、と推測されている。つまり、マチュピチュは城塞というより、宗教都市としての性格が強かったのではないか、というのである。また、インカの人々にとって最も重要とされる、太陽神崇拝のための儀式に用いられた聖石(日時計?)も祀られており、このこともマチュピチュの宗教都市としての位置づけを強くしているのだ。

マチュピチュ
天空都市マチュピチュ。遺跡中心部にあたる住居跡。



画像は、Wikipedia-マチュピチュ からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。