歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テオティワカン
Category: 南北アメリカ   Tags: 謎  ミステリー  伝説  超古代文明  巨大建造物  南北アメリカ  

中央アメリカ最大の都市遺跡


メキシコ最大の都市遺跡であり、古くから真の首都として人々の崇敬を集めてきたのが、このテオティワカンだ。場所はメキシコ市の北方約40キロの高原地帯。周囲を丘に囲まれた約260平方キロの、広大な盆地に築かれた巨大都市である。
テオティワカンというのは「神々の家」あるいは「神々の想像した場所」という意味で、その由来は次のようなアステカ神話にあるという。「4番目の太陽」が姿を現したあと、神々が集まり、新しい太陽を作って世界を復活させようと相談した。このとき、2柱の神が自ら犠牲となり、火炎に身を投じてそれぞれ太陽と月になり、この地に国が作られた と。実際テオティワカンはこうした名前や神話にふさわしい規模と風格を備えている。都市の面積だけで20平方キロ近くもあり、南北に走る「死者の大通り」を中心に東には「太陽のピラミッド」が、西には「農業の神殿」が、北には「月のピラミッド」がそびえ立ち、南側には宮殿や邸宅などが碁盤状に整然と配置されていた。都市が築がれはじめたのは紀元前500年ごろからで、最盛期には15万以上の人口を擁したと考えられている。

死者の大通り
月のピラミッドから見た死者の大通り

また、建物も年代ごとにさまざまに建て替えられ、その地下には今も、何世代にもわたる建築物が眠っているのである。そして、そんな建築物のなかで、最大の威容を誇っているのが「太陽のピラミッド」だ。これは基底部が216x228メートル、高さ68メートルという巨大なもので、内部にはぎっしりと日乾しレンガが詰められ、表面は赤色火山岩で化粧されていた。総体積では、エジプトのファラオのピラミッドをしのぐ規模だといわれている。現在は5つの層をなしているが、これは1910年に復元されたもので、本来は4層構造だったことがわかっている。また、南の位置にある「ケツァルコアトルの神殿」は6層構造の階段ピラミッドで、欄干に翼を持ったヘビとジャガーの頭像が装飾され、各テラスの壁面にも365個の神像の装飾がある。もちろんこれは、太陽暦の日数を示すものである。

さて、これほどの隆盛を誇ったテオティワカンだが、7世紀ごろになると急速に衰退し、わずか100年ほどの間に完全にゴーストタウンと化してしまう。その理由については、他民族による侵略説、神官と貴族の対立説、飢饉説などが提出されているが、いずれも確定されるには至っていない。ちなみに遺跡には、組織的に計画された放火によるものと思われる大火災の跡がいくつか発見されているが、その年代や理由までを正確に推測するのは、残念ながら不可能といっていい。いずれにせよ、こうして中米最大の都市は終焉を迎え、緑深いジャングルのなかで長い眠りについたのである。

太陽のピラミッド
太陽のピラミッド




画像は、Wikipedia-テオティワカン からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。