歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイライン
Category: イギリス   Tags: 謎  ミステリー  超古代文明  イギリス  巨石文化  

古代遺跡が描く、大地を流れるエネルギーの通路


「土地の持つパワー」といえば、すぐにある言葉を連想されることだろう。そう、「レイライン」だ。1921年のこと。イギリスのビール醸造業者で考古学マニアでもあったアルフレッド・ワトキンスは、故郷であるヘレフォードシャーの丘陵を馬で旅していたとき、突如、見慣れた風景の中に何本もの直線が交差しているビジョンを見た。後に地図で確認した彼は驚愕した。先史時代の遺跡、土塁、立石、石塚、地上絵、さらには古い教会などが、どういうわけか遙かな距離にわたって延々と続く、きれいな直線状に並んでいたのだ。
この直線路に沿う地名にはなぜか「レイ」で終わる語尾を持つものが多かった。そこで彼はこの直線路を、「レイ・ライン」と名付けた。当初、彼はこれを古代の交易路だったのではないか、と考えた。さまざまな地形を持つ広大な原野を誤りなく進むため、遺跡などの目印がもうけられたのではないか、と。

だが実際には、交易路説には無理があった。というのも、道は断崖絶壁や湖、沼地なども貫いており、人間が通行するには不向きであるということが立証されたのだ。
では、このラインは何なのか。1960年代になって、謎の直線路に対する新たな見方が登場した。やはり考古学愛好家であった弁護士ガイ・アンダーウッドが、先史時代の遺跡の地下には水脈が存在していることを確認。しかも同時に、そこには水脈以外の「何らかの流れ」も存在していることが明らかになった。アンダーウッドはこれを地球内部に潜む磁力のようなものと考えた。

この力について、彼はいう。「地球の内部で発生し、波動を伴い、大きな浸透力を持ち、地球の表面にネットワークを形成し、ある種の樹木や植物の発芽と生長に影響を与え、動物の身体の両面に作用し、螺旋状のパターンを描くようである」
彼の見解が事実なら、古代遺跡が描く直線路は、大地を流れる何らかのエネルギーの通路であった可能性は高い。そしてその通路上の要所要所に配置された遺跡は、このエネルギーを強化あるいは制御するための特別な装置であったのではないか、と考えられたのだ。
事実、アンダーウッドは、ストーンヘンジにおいて、ダウジングによる計測を行い、水脈と未知なるエネルギーが強大な螺旋を形成しているという事実を確認している。つまり、ストーンヘンジの位置は、地球エネルギーの流出ポイントそのものだったのだ。

おそらく古代の人々は、現代人よりも遙かに容易に、そのエネルギーの存在を感知できたのだろう。ゆえに彼らはこの場所を〈聖地〉とし、ストーンヘンジのような壮大な装置までつくりあげたのではないだろうか。

レイライン

ワトキンスが示したレイラインの例。
イギリスでは十字路や教会、塚が一直線に並んでいるのが散見できるのだ。




画像は、RouX_Renard よりお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。