歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メン・アン・トル
Category: イギリス   Tags: 謎  ミステリー  伝説  イギリス  巨石文化  

異世界への入り口と考えられた石


ブリテン島南西端、コーンウォールにあるメン・アン・トルは、現地の言葉で「穴のあいた石」という意味だ。この言葉そのまま、石に穴があけられているのである。そんな石がいくつも残されているのだ。
もっとも有名なメン・アン・トルは、複数の立石の中央に置かれ、穴の大きさは人がくぐり抜けられるくらい。穴から立石を覗いた写真を良く見かけるが、どうやらこの配置は意図的につくられたものらしい。

周辺からは埋められた複数の石が発見されており、もともとはストーン・サークルだった可能性が高いのだという。興味深いのはこの石が、手足の病気に対して治癒力があると信じられてきたことだ。

また、妖精が人間の子供を連れ去り、かわりに妖精の子供を置いて行ったときには、このメン・アン・トルに住む「よい妖精」が本当の子供を取り返してくれるという伝承もあった。
おそらくこれは、石に開けられた穴が、妖精の国や異世界への入り口と考えられたせいだろう。確かに、見れば見るほどに不思議な穴なのだ。

メン・アン・トル
複数の立石の中央に置かれたメン・アン・トル。





画像は、tomo-san's united kingdom からお借りしました。




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。