歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウッドヘンジ
Category: イギリス   Tags: イギリス    謎  ミステリー  巨石文化  

古代人の生命観を可視化した巨大な宗教施設


ストーンヘンジから2キロほど北西に、ウッドヘンジがある。紀元前2200年ごろの遺跡で、中央部に6重の同心円を描くような、多くの柱穴が確認されている(現在はコンクリートでふさがれている)。
同心円の周囲は溝や土手で、全体では85メートル規模の建造物となっていたらしい。そして中央の柱穴には深さ3メートル、地上の高さ7.5メートルの木製の柱が、160本以上も立てられていたのだ。
まさに名前どおり、ウッド(木)ヘンジなのである。ウッドヘンジは、なんのためにつくられたのか。その謎を解くポイントは、やはり木だ。ウッドヘンジの「木」は儚い生命の象徴であり、一方のストーンヘンジの「石」は死後の永遠性。生と死の対比をセットで表すものだったというのである。

ウッドヘンジは、ストーンヘンジとセットで、古代人の死生観を表す巨大な宗教施設だったというわけだ。ちなみに最近の調査によると、ウッドヘンジの木柱が腐敗した後に新たに石柱が建てられて、「ストーンヘンジ」になった可能性も指摘されている。

ウッドヘンジ
コンクリート製の柱で復元された「ウッドヘンジ」



画像は、邪馬台国大研究 からお借りしました。


テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。