歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャタル・ヒュユク
Category: ヨーロッパ   Tags: ヨーロッパ  謎  ミステリー  

謎に満ちた世界最古の都市


1958年にトルコ中南部、コンヤ高原で発見されたのが、紀元前7200年ごろのチャタル・ヒュユクの遺跡だ。だが、最盛期には約8000人の人口を抱え、世界最古ともいわれるこの都市には、奇妙な点が多かった。都市構造が、他とまったく異なっていたのだ。
まず道路がない。次に家々が密接していて、まるで蜂の巣のように隣家と壁を共有している。そして壁には、窓も扉も存在しない。

では、出入りはどのようにしていたのか?どうやら屋根に取り付けた跳ね上げ式の扉などから、梯子を使って外に出て、屋根伝いに他の家々と行き来をしていたようだ。

しかし、なぜそんな奇妙な造りになっているのか?おそらくは外敵の侵入からの防御のためだろう。城壁は一か所でも破られれば町は落ちるが、この構造なら敵が家に侵入しても、屋上に逃れた後に梯子を外せば、敵は行く手を阻まれる。事実、この古代都市が侵略されたり、略奪を受けた痕跡は発見されていない。

なお、住民は周辺地区の産物である黒曜石の加工技術に驚くほど優れていたというが、これほど古い時代に彼らがどこからその技術を得たかも、大きな謎となっている。


チャタル・ヒュユク
家どうしが蜂の巣のように接し合っている遺跡




画像は、Wikipedia - チャタル・ヒュユク からお借りしました。



テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

Comments

Leave a Comment

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。