FC2ブログ
歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スフィンクス
Category: エジプト・アフリカ   Tags: ミステリー  謎  超古代文明  歴史  伝説  エジプト  

実は大洪水時代に建造されたのか?


ギザにある3基のピラミッドのうち、中央に立つカフラー王のピラミッド。その斜め前にあるのが、スフィンクスの石像だ。
頭部が人間、体がライオンという神獣である。 これは主に神殿などの入り口に守護神として飾られるが、ギザのものは全長74メートル、幅約14メートル、高さ約20メートルと巨大なため、大スフィンクスと呼ばれる。
建造者は第4王朝のカフラー王(在位=紀元前2520~前2494年ごろ)で、自らのピラミッドの守護神として建造したといわれている。

スフィンクスの続きを見る

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

ギザの大ピラミッド
Category: エジプト・アフリカ   Tags: 超古代文明  ミステリー  謎  エジプト  

今なお謎に包まれた真の建設目的


エジプト、ギザの台地に勇姿を見せる大ピラミッドは、これまで約4500年前にクフ王が、奴隷を使役して建設した王墓であるといわれてきた。紀元前5世紀のギリシアの歴史家ヘロドトスの著書『歴史』によると、建造時の高さ約146メートル、底辺約230メートル。その建設にはのべ10万人が3か月交代で休みなく働いて、20年かかっている。

だが、最近の研究者たちの間では、この建設はナイル川の氾濫によって毎年一定の時期に農地を失う農民に仕事を与えるための、いわば公共事業だったという説が主流を占めつつある。

ギザの大ピラミッドの続きを見る

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

エル・ドラード
Category: 世界のミステリー   Tags: ミステリー  謎  超古代文明  伝説  

伝説の黄金の都は実在するのか?


エル・ドラードは、一般には「黄金郷」と解釈されているが、本来は全身を金粉で塗った人のことをいった。
これは、スペイン人のケサーダが黄金を求めて分け入ったコロンビアの奥地で、現地の部族が全身に金粉を塗って湖に飛び込む儀式を目撃したことに由来する。

エル・ドラードの続きを見る

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。