歴史・古代文明と世界のミステリーサイトマップ / 歴史・古代文明と世界のミステリーRSS

超古代文明はいかにして滅びたのか…世界の歴史・ミステリー、さらにはUMAなどさまざまな謎に迫るブログ。世界の神話や伝説、ロマン溢れる古代の遺跡にまつわる逸話などもご紹介していきます!時空を旅してあなたもHistoryHolic(歴史中毒)になってみませんか?

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パチャカマク
Category: 南北アメリカ   Tags: 南北アメリカ  宗教都市  

主神は魚の姿をした創造神


ペルーの首都リマから南に十数キロ下った河岸沿いの砂漠。その中に砂に埋もれるようにしてパチャカマクの遺跡がある。パチャカマクの文化は、紀元前600年ごろに興ったとされている。

パチャカマクの続きを見る

スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

テノチティトラン
Category: 南北アメリカ   Tags: 超古代文明  南北アメリカ  宗教都市  

スペイン人に滅ぼされたアルテカの水上都市


テノチティトランはアステカ王国の首都で、丁度現在のメキシコシティにあたる。彼らアステカ族は、長い流浪の末に中央高原周辺に移り住み、1325年に初めてテスココ湖に浮かぶ岩島の上に拠点を定めたという。なお、このときには、「サボテンの上にとまり、ヘビをくわえたワシのいる場所に神殿を建てよ」という神のお告げがあったとされる。

テノチティトランの続きを見る

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

パレンケ
Category: 南北アメリカ   Tags: 謎  ミステリー  超古代文明  巨大建造物  宗教都市  南北アメリカ  マヤ文明  

ピラミッドから発見された王の遺体


パレンケは、古典期マヤ文明(紀元300~900年ごろ)の代表的な宗教都市遺跡である。主要部の面積だけでも16平方キロ。平野からは60メートルほどの高台に築かれているため、ここからはメキシコ湾に続く原野が一望のもとに見渡せたという。自然の地形と建物の配置は巧みに計算されており、人工的な造形美と自然が見事な調和を見せている遺跡だ。

パレンケの続きを見る

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

ウルク
Category: オリエント   Tags: オリエント  超古代文明  シュメール文明  宗教都市  

洪水伝説を生んだ英雄の故郷


ユーフラテス川の河畔で栄華を誇ったウルクはウル同様、シュメール文明を担った都市遺跡だ。
楔形文字の最古の形である絵文字が発見された場所でもある。

ウルクには宗教都市として栄える以前、紀元前3200年頃からウルク期と呼ばれる高度な文明を誇った時期があり、
絵文字はこの時期の発明だ。胴を高熱で溶かして青銅器を創る技術も、メソポタミアではウルク期に始まった。紀元前2000年頃にウルクが宗教都市となってからも、遺跡からは貴重な史料が出土した。
とくにジッグラト周辺からは粘土板文書が多数発見された。その内容の大半がジッグラトの管理する家畜や穀物、土地などの経済面の情報であり、これからも都市運営の中心が、ジッグラトにあったことがわかる。

ウルクの続きを見る

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー    ジャンル : 謎

プロフィール

Sakai

Author:Sakai
古代文明や歴史にまつわるミステリーをさまざまな書籍や文献を参考に、ご紹介していきます。ロマン溢れる過去の遺産である、素晴らしき古代文明や歴史のミステリーを一緒に探索しましょう!現代科学を持ってしても不可能なものや建造物。人智を超越した古代文明の謎に迫ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。